月刊『訪問看護と介護』presents 対談:「病院の世紀」から「地域包括ケア」の時代へ

月刊『訪問看護と介護』presents 対談:「病院の世紀」から「地域包括ケア」の時代へ

2013.2.28 update.

  研究・実践の枠を越え、広く注目を集めた月刊『訪問看護と介護』での対談(2012年1月号掲載)を特別公開します。
  1年経ってなお古びることなく“新たな時代”のケア実践の方向性を明るく指し示しています。

『訪問看護と介護』編集室

 

猪飼周平さん(一橋大学大学院社会学研究科准教授)

  ×
太田秀樹さん(医療法人アスムス理事長)

(本誌リードより)
 社会科学の立場から日本の医療のあり方を論じた、猪飼周平さんの『病院の世紀の理論』(有斐閣、2010)が、広く注目されている。
 

 その内容は、学問の枠を越え、現場医療職による実践や、厚生労働省が構築を急ぐ「地域包括ケアシステム」などの政策論にも影響を及ぼすものだ。
 

 このなかで、猪飼さんは、「病院の世紀」の終焉と、それと表裏一体である「地域包括ケア」の時代の幕開けを告げている。
 

 その理論的背景は? 今後のヘルスケアシステムのあり方とは?
 

 それを先取りするように、第一線で在宅ケアに取り組んできた太田秀樹さんが、年頭に当たり、猪飼さんと今後の展望を語り合った。
 

 超高齢社会・多死時代のケア実践の方向性を指し示す。

ココからさっそく無料閲覧!

 

☆『訪問看護と看護』関連記事 ☆

懸賞論文募集中!(テーマ:「胃ろう」をつけた“あの人”のこと。大賞賞金10万円!!)

→新連載『地域のなかの看取り図』田口ランディ(本誌に1か月遅れで分載!毎月第1~3月曜日にup予定!!)

月刊『訪問看護と介護』 イメージ

月刊『訪問看護と介護』

いよいよ高まる在宅医療・地域ケアのニーズに応える、訪問看護・介護の質・量ともの向上を目指す月刊誌です。「特集」は現場のニーズが高いテーマを、日々の実践に役立つモノから経営的な視点まで。「巻頭インタビュー」「特別記事」では、広い視野・新たな視点を提供。「研究・調査/実践・事例報告」の他、現場発の声を多く掲載。職種の壁を越えた執筆陣で、“他職種連携”を育みます。楽しく役立つ「連載」も充実。

詳細はこちら

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/706

コメント

私は在宅ケア専門にトイレを作って20年以上になります。
この度ADLによって使えるトイレ類をそろえ楽天ショップに出しました。(介護トイレの老舗 アリスショップ)オリジナルもの17こ揃えオムツ介護の方にも使えるものもあります。ぜひご高覧賜り在宅が可能になる一助にご紹介いただければ幸いです。

このページのトップへ