がん患者のための食事レシピ No.016

がん患者のための食事レシピ No.016

2011.7.27 update.

刺身ゼリー

 

16_sasshimi550.jpg

 

☆こんな患者さんに

嚥下障害

 

レシピ紹介(3人分) 

 

一人当たりエネルギー114kcal、たんぱく質16.6g、塩分1.0g

 

<材料>

真鯛(白身魚なら何でも可) 80×3切れ
だし 300g
ソフティア 4.5g
人参(色づけのため) 30g
刺身しょうゆ 15g
   
   
   
   
   

 

<作り方>

one 人参は薄くスライスして鯛と一緒に蒸し器で蒸す。冷めたら、だしと一緒にミキサーにかける。

two oneを鍋に移し、分量のソフティアを入れて火にかけよく溶かす。荒熱が取れたら、バットに流しいれて冷やし固める。

three 固まったら、刺身のように薄くスライスして盛りつける。

 

Story

魚は匂いも気になり食べにくいので、新鮮な刺身なら食べられるかもしれないと言われましたが、病態的に、生物である刺身を提供することは難しいと思われました。嚥下困難のある患者さんだったこともあり、魚のムースをつくり、切り方を工夫することで、刺身のような見かけに仕上げました。

 

味は「まぁまぁ」という評価でしたが、見た目はすごく喜んでいただくことができました。

 

ポイント

魚はだしを加えると、ミキサーにかかりやすいです。白身魚のほうが匂いも気になりにくいように思いますが、鮭を使うと色もきれいで美味しく作れます。

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/444

コメント

このページのトップへ