「シリーズ ケアをひらく」連続講演会<第3弾>

「シリーズ ケアをひらく」連続講演会<第3弾>

2010.12.08 update.

上岡陽江(かみおか・はるえ)

ダルク女性ハウス代表。1957年生まれ。子どものころから重度のぜんそくで、小学6年から中学3年まで入院生活を送る。そのなかで処方薬依存と摂食障害になり、19歳からはアルコール依存症を併発。27歳から回復プログラムにつながった。1991年に友人と2人で、薬物・アルコール依存をもつ女性をサポートするダルク女性ハウスを設立。2003年に精神保健福祉士資格を取得。著書に、『虐待という迷宮』(共著、春秋社)などがある。

上岡 陽江 氏 『その後の不自由』 (医学書院) 刊行記念!
 「なぜ回復すると苦しくなるのか―“うしろめたさ”についての当事者研究」

 

終了しました!ありがとうございます!

 

日時 2010年12月12日(日)、13時半開場 14時00分開演

 

場所 三省堂書店神保町本店 8F特設会場

 

定員 30名(先着)

 

参加費 無料

 

参加方法 要予約。

三省堂書店神保町店5Fレジカウンターにて、参加整理券をご用意しております。

お電話でのご参加のご予約も承っております。下記までご連絡下さい。

 

お問い合わせ先 三省堂書店神保町本店

Tel03-3233-3312(代)

5F医学書売場

営業時間10:00-20:00
 

≪シリーズ ケアをひらく≫『その後の不自由 「嵐」のあとを生きる人たち』 イメージ

≪シリーズ ケアをひらく≫『その後の不自由 「嵐」のあとを生きる人たち』

暴力などトラウマティックな事件があった“その後”も、専門家がやって来て去って行った“その後”も、当事者たちの生は続く。しかし彼らはなぜ「日常」そのものにつまずいてしまうのか。なぜ援助者を振り回してしまうのか。そんな「不思議な人たち」の生態を、薬物依存の当事者が身を削って書き記した当事者研究の最前線!
 
著:上岡 陽江/大嶋 栄子
A5判、272頁、2010年09月 発行、定価2,100円(本体2,000円+税5%)
ISBN:978-4-260-01187-7

詳細はこちら

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/158

コメント

このページのトップへ