精神障害者リハビリテーション学会でハーモニーが舞台講演

精神障害者リハビリテーション学会でハーモニーが舞台講演

2012.11.19 update.

取材:イシカーさん

 

 

11月16日~18日横須賀文化会館で行われた精神障害者リハビリテーション学会。

kanban2012.jpg

そこで、ハーモニーが舞台講演を務めました。題して「幻聴妄想かるたdeアンサンブル」。

メンバー(13人)+スタッフ+アンサンブルメンバーの計24人という大所帯で舞台にあがったハーモニー。

はじめは新澤さんが、ハーモニーの紹介と、幻聴妄想かるたを作った経緯を話しました。

次にメンバー自身による自己紹介。

 

と、ここで早川さんのボディービルダー体操がいきなり始まってしまいました。

早川さんはどんな読み札を聞いてもボディビルダーを描いてしまう人なのですが、なんと本当に昔、ボディビルダーの指導者をしていたという過去が明らかに!

人に歴史あり、なのでした。

 

 

お次は、「愛の予防戦隊」。

メンバーの幻聴妄想体験が会場の賛同を得ながら和やかに披露されました。

 

 

 

その後はアンサンブルの演奏で、ハーモニーのテーマ曲「ハーモニーは金がない。いつかカルタで儲かる」を合唱。

 

 

会場が盛り上がると、べてるの家の伊藤さんと亀井さんが舞台に参入。舞台の真ん中でスポットライトを浴びる2人なのでした(笑)。

 

itoh2012.jpg kamei2012.jpg

 

最後はみんなで横須賀名物「海軍カレー」を食べて講演の成功をお祝いしたよ。

kaiguncary.jpg wakamatsugohan.jpg

 

めでたし、めでたし

ハーモニーのみなさん、おつかれさまでした。

 

―――――――――――――

余談だけど、

精リハ学会が行われた横須賀の町名は「若松町」。

「若松マーケット」とか、「若松会館」とか、「若松商店街振興組合事務所(若松組)」とかの看板が町にあふれています。

wakamatsukaikan2.jpg     wakamatsukaikan.jpg           

wakamatsumarket.jpg     wakamatsu.jpg

ここに中村さんが来ていたらどんな反応だったかしらと、思わない人はいませんでした。ハーモニーが講演で呼ばれたことも、偶然とは思えません。非常にゆかりを感じる土地なのでした……。

幻聴妄想かるた イメージ

幻聴妄想かるた

解説冊子+CD『市原悦子の読み札音声』+DVD『幻聴妄想かるたが生まれた場所』付

これが本物の幻聴妄想の世界だ!!
東京・世田谷のハーモニー(就労継続支援B型事業所)が、自分たちの幻聴妄想の実態をかるたにした。彼らの幻聴妄想の世界を知ることは、共存の意味を学ぶことである。解説冊子と、DVD『幻聴妄想かるたが生まれた場所』に加えて、女優の市原悦子さんによる『読み札音声』CDが付録になった豪華版。

詳細はこちら

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/680

コメント

このページのトップへ