【アーカイブス】現場でみた被災地医療

【アーカイブス】現場でみた被災地医療

2011.6.28 update.

被災地支援に向かった医療者が現場で、

みずから見て、聞いて、感じたことを、

率直に綴るシリーズ連載「現場でみた被災地医療」のアーカイブページ。

 

★みずからも被災した看護師、精神保健福祉士である筆者が、

 支援者の立場で考える、被災地の精神障害者への生活支援

安保寛明 被災者から支援者へ 第1回 

安保寛明 被災者から支援者へ 第2回 

安保寛明 被災者から支援者へ 第3回 

 

日本からはるかに遠いアフリカの地にいる自分が、被災した方々、

 祖国日本に対して何ができるのか 

仲本光一 タンザニアから東北

 

 

被災地で提供した巡回診療、それはかつての勤務地・稚内で行っていたのと同様に、

 どこにでもある地域医療だった。そこで考えた、日本のこれからの医療の姿とは。

小野雄司 被災地で行った“地域医療” 第1回

小野雄司 被災地で行った“地域医療” 第2回 

 

 

震災からの24時間、災害拠点病院では何が起こっていたのか!?

 手術、停電、断水、非常事態宣言・・・病院内での出来事を事細かに描写した。

岡本康隆 3月11日 筑波メディカルセンターで起きた事 

 

 

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/418

コメント

このページのトップへ