オンナに効く漢方 第2回

オンナに効く漢方 第2回

2010.10.22 update.

津田篤太郎

医師。専門はリウマチ膠原病科・漢方診療。2002年に京都大学医学部を卒業し、天理よろづ相談所病院ジュニアレジデント、東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター、東京都立大塚病院リウマチ膠原病科を経て、北里大学東洋医学総合研究所で漢方を中心に、JR東京総合病院リウマチ膠原病科では西洋医学と漢方を取り入れて診療している。

 

マイナス×マイナス=プラス?
 
前回ではライフスタイルの変化とそれに応じて増加してきた疾患について話しました。
 
みなさんご存知のようにこういう考え方を「進化医学」と言います。もうひとつの例として、糖尿病とそれに関わる遺伝子の研究で最近明らかにされたことがあります。糖尿病を発症させたり、悪化させたりする“悪玉”遺伝子と言われていたものが、よく調べると、わずかな栄養で効率よくエネルギーを生み出す働きをしていたことがわかったのです。つまり、人類の長い歴史の大半を占めていた飢餓の状況では、有利に働いていた“善玉”遺伝子だったわけですが、ここ数十年で事態は一変し、飽食の時代で肥満や糖尿病が問題視されるようになった途端、“悪玉”の烙印をおされるようになったわけです。
Originally uploaded by shuttermonkey
 
冷たいものや甘いものをたくさん取るようになったのも最近の話です。対称的に、昔の女性の好物と言えば「いもたこなんきん(注)」…温野菜が二つも入っています!冷えやむくみに悩まされる現代女性は非常に多く、そういう症状に対して、冷たいものをとらないように、精製された白砂糖をとりすぎないように指導する漢方家は結構多いです。「進化医学」流にいうと、人間の体はそういうものをたくさん受け付けるようにはできていない、という言い方ができそうです。
 
ただ、外来にやってくる若い女性の患者さんをみていると、冷たいもの・甘いもの好きには一つの理由があるように思います。確かに冷たい食べ物は胃腸の機能を落とすけれども、胃腸の機能が落ちると食欲がなくなるので、自然に食が細くなり、理想とするスレンダー体型を維持できるようになるんじゃないかと…なんだか、マイナスかけるマイナスでプラスにするような、ねじれに対してねじり返して帳尻を合うみたいな話で…。

 

 
(注)「芋・蛸・南京」。「南京」はかぼちゃのこと。女性が好む代表的なものを指した言葉。
 
気虚と水滞(やっと漢方のおはなし)
 
漢方が教えるところによると、この代償は大きいはずです。消化器機能の低下は「気虚」という状況を招くとされています。体を動かすエネルギー(気)が不足した状態で、体のだるさ・疲れやすさ、日中の眠気、風邪をひきやすい、目力、声に力がなくなる、集中力や思考力の低下、などです。エネルギーが不足すると、水のめぐりも悪くなるので、冷え・むくみ・耳鳴り・乗り物酔い・頭痛といった症状も乗っかってきます。これを「水滞」と呼びます。
 
このような症状に対してよく出す漢方処方として、人参湯・四君子湯・六君子湯・補中益気湯などがあるのですが、これらの処方では、人参や黄耆といった、体にエネルギーを補充する(補気)生薬と、茯苓や朮といった、水分の代謝を促す(利水)生薬をカップリングさせています。これは、昔の人の叡智だと思いますし、「疲れたから栄養ドリンクでも飲む」というのとは全く違う発想であることを強調しておきたいと思います。
Originally uploaded by midorisyu
 
同じ「疲れ」でも、エネルギーが不足して「疲れる」こともあれば、エネルギーのめぐりが悪くなることで「疲れ」と感じられることもあるはずです。たとえば、久しぶりに休みの日に、昼過ぎまで半日以上も寝てしまうと、かえってひどくだるくなってしまいます。睡眠は十分すぎるほどとっているので、エネルギーは回復しているはずなのに…と思いますが、なんだかうまく回っていかない感じです。こういう時に、エネルギーを補う薬を飲んでも、よく効きません。渋滞したエネルギーを解放し、巡らせる薬を使うべきなのです。この、滞ったものを解放したり、めぐらしたりすることを、漢方の用語で「瀉」といいます。漢方では「補」と「瀉」を使いこなして、治療を組み立てていきます。先ほど述べた「水滞」は、茯苓や朮などの生薬で治療するのですが、これも一種の「瀉」ということができます。「補」と「瀉」に関しては、また次号以降で詳しく述べたいと思います。
 
 

森まゆみさん×津田篤太郎先生のトーク&サイン会開催! イメージ

森まゆみさん×津田篤太郎先生のトーク&サイン会開催!

『明るい原田病日記』(亜紀書房)の著者、森まゆみさんと本特集「オンナに効く漢方」の著者、津田篤太郎先生とのトーク&サイン会が開催されます!


■日時:10月29日(金)18:00〜20:00(開場17:45)
■会場:東京堂書店神田本店6階
■要予約、参加費500円


下のリンクから東京堂書店のサイトに飛びます!

詳細はこちら

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/65

コメント

いつも楽しく読ませていただいております。

私もよく漢方を使う(自分に)のですが、あまり上手く効かない時もあります。
方剤にもよるのかもしれませんが、電解質を狂わせるものもあるのかと思います。

元気になりたくて漢方を使うのですが、電解質が狂うと、逆に元気じゃなくなります。

今回紹介された方剤ではそういった心配はないのでしょうか?

個人的な疑問で申し訳ないのですが、このコーナーでも漢方薬の副作用や禁忌(併用禁忌や相対的禁忌等)なども解説していただければ幸いです。

このページのトップへ