当事者研究っていったい何?

当事者研究っていったい何?

2011.2.14 update.

べてるの家で始まった「当事者研究」は,いまや精神科領域を越えて多くの人の口に上るようになりました。でも,当事者研究っていったい何?当事者研究ってどうやったらいいの?――当事者研究に興味をもった援助者,研究者,当事者たちが一堂に会して,参加者の皆様と一緒に考えます。

 

特別ゲストに,石原孝二(東京大学大学院准教授・科学哲学),宮地尚子(一橋大学大学院教授・精神科医),熊谷晋一郎(脳性まひ当事者・小児科医),綾屋紗月(アスペルガー症候群当事者),上岡陽江(ダルク女性ハウス代表)ら多彩な方々をお迎えして,だらだらやります。

 

医学書院ナーシングカフェ 『「当事者研究」の研究』 

 

講師 向谷地生良先生(浦河べてるの家/北海道医療大学教授)

 

日時 2011 年5月14日(土)13:00〜18:00

 

場所 医学書院 2階会議室 文京区本郷1-28-23 >地図

 

定員に達しましたので、受付を終了します。たくさんのお申し込みありがとうございました。


定員 40名 (定員に達しました)


参加費 1,500円 (資料代、茶菓子代、消費税込み。当日受付でお支払いください。)

 

参加申し込み方法

以下のフォームからお申し込みください。

正常に受付が完了しますと、自動返信メールが届きます。

 

お問い合わせ

医学書院看護出版部(担当:白石)

TEL 03-3817-5769 

FAX 03-5804-0485

 

技法以前――べてるの家のつくりかた イメージ

技法以前――べてるの家のつくりかた

著:向谷地 生良
A5  252頁 2009年11月発行 定価2,100円(本体2,000円+税5%) ISBN978-4-260-00954-6

べてるの家の「スタッフ用虎の巻」、大公開!
「幻覚&妄想大会」をはじめとする掟破りのイベントはどんな思考回路から生まれたのか? べてるの家のような場をつくるには、専門家はどう振る舞えばよいのか? 「当事者の時代」に専門家が〈できること〉と〈してはいけないこと〉を明らかにした、かつてない実践的「非」援助論。

詳細はこちら

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/250

コメント

楽しみにしています。

楽しそうですね。今のところ参加できます!

今日向谷地宣明さんからこのイベントをご紹介いただきました。当事者研究に携わる者として今回の内容はぜひお聞きしたいと思います。また今回のイベントを通して多くの方とつながりが増えていくのも楽しみにしております。

はじめまして、当事者研究に非常に興味を
もっています。是非、参加させてください。

当事者研究を通じていろいろな方々と繋がれるとうれしいです。

参加します。よろしくお願いします。

はじめまして。べてる関連の本や「その後の不自由」を拝読して、目が開かれたような思いをしたものです。ぜひ参加させてください。

当日を楽しみにしています。

前に  当事者研究の講演を聞いたことが
あり  また  参加したくお願いいた
します

ぜひ 学んで役立てたい

どうぞ、よろしくお願いいたします。

HCCのHPからこちらにきました。
どうぞ、よろしくお願い致します。

「幻聴妄想かるた」なるものを作っている東京の作業所です。よく「当事者研究だね」と言われますが、ホントはよくわかってません(笑)

楽しみにしております。

 楽しみにしております。すみません、今回のメールアドレスが正しいものです。訂正して再送信いたします。

ぜひ、参加させてください。よろしくお願いします!

このページのトップへ