精神科看護の「正義」について「対話」をしませんか!?

精神科看護の「正義」について「対話」をしませんか!?

2010.12.13 update.

安保寛明 先生

岩手晴和病院 社会復帰支援科長/看護師・精神保健福祉士。
著書に『コンコーダンス 患者の気持ちに寄り添うためのスキル21』(医学書院、2010年07月発行)

医学書院ナーシングカフェ 

【精神科】安保寛明先生の白熱教室

 

 このセミナーでは、精神科の医療現場で直面する「これって本当に正しいこと?」という疑問をテーマに設定し、参加者のみなさんとファシリテーター・安保先生で「対話」をしながら考えていきます。
「退院したくないと話す患者さんを退院させることは正義なのか?」「患者さんが飲みたくないという薬について、飲まない選択肢を提示することは正義だろうか?」。答えがひとつではない精神看護の現場の話だからこそ、いろんな考え方を通わせながら考える「実践学のまなび」をしてみませんか。

 

講師 安保寛明 先生

日時 3月6日(日) 13:30〜17:00

場所 医学書院 2階会議室 文京区本郷1-28-23 TEL03-3817-5700(代表)


定員 40名 (定員になり次第、締め切りとさせていただきます)
参加費 1,500円 (資料代、茶菓子代です。当日受付でお支払いください。)

 

参加申し込み方法

以下のフォームからお申し込みください。

折り返しこちらから、受付整理番号をお送りします。

講演者の著書 イメージ

講演者の著書

『コンコーダンス 患者の気持ちに寄り添うためのスキル21』

著:安保 寛明/武藤 教志
判型 B5 頁 224 発行 2010年07月 定価 2,730円 (本体2,600円+税5%)
ISBN978-4-260-01078-8

(※セミナーの教科書ではありません)

詳細はこちら

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/163

コメント

よろしくお願いいたします。

このページのトップへ