First Pregnancy Check-up【最初の外来】

First Pregnancy Check-up【最初の外来】

2010.12.21 update.

プロフィール

●平野美津子(聖隷クリストファー大学)
大学生への英語教育,特に看護学生への看護英語教育を専門としている。『看護師たまごの英語40日間トレーニングキット Kit1、2』(アルク)、『キクタンメディカル5:看護とケア編』(2011年3月出版予定、アルク)などを執筆。


●大石時子(天使大学大学院、米国CNM)
日本で助産師として勤務後、米国の大学に留学し、看護の資格と学士を取得。その後、米国の産科病棟、Birth Centerなどで働く。ボストン大学大学院で保健学修士と助産師資格を取得。帰国後は助産教育に携わる。日本助産学会、日本助産師会国際委員、ICMのEducation Standing Committeeなどにかかわっている。


●飯村ブレット(バース・エデュケーター)
米国認定バース・エデュケーター(ICCE)。1997年に東京で出産教育センター(CEC)を設立し、両親学級や育児クラスを開設。これまでに日本を含む70か国、1600組以上が両親学級に参加している。米国出身。

『助産雑誌』1月号から、連載「現場で即使える! 助産師のための英会話」がスタートしました。 


連載では、周産期の現場で使うことの多い表現を、妊娠から出産にかけて時系列で学んでいきます。 


かんかん!では、本誌と連動し、各回のスキットの音声を掲載します。 


妊娠・出産の場面でよく使われるフレーズや各回で使った用語を集めた音声へのリンクも掲載しています。下のアイコンをクリックしてみてくださいね!

 

Key Phrasesの音声はこちら→josan_key.jpg

 

Glossaryの音声はこちら→josan_glossary.jpg

 

Check sheetの音声はこちら→josan_checksheet.jpg

 

checksheet_01.jpg

 

『助産雑誌』付録のCheck Sheetもダウンロードできます。

(上の画像をクリックするとPDFファイルが開くので、印刷してご利用ください)

 

第1回は、はじめて産婦人科の外来を訪れた女性との会話です。 


妊娠についての相談でやってきたトマスさんと、どのような会話が展開されるのでしょうか。 

 

Scene


Midwife: Well, Ms. Thomas. You think you’re pregnant.

Did you check with a home pregnancy kit?


Ms. Thomas: Yes, it was positive.


Midwife: I see. When was your last period?
 

Ms. Thomas: It was February 5th. And I missed my period last month.
 

Midwife: OK, then, Ms. Thomas, Dr. Yamada will perform a transvaginal scan.

Please take off your underwear and get on the exam table.
 

(Some time later)
 

Midwife: You are 8 weeks pregnant. Your due date is November 12th. 

This is a pregnancy notification form. Please submit it to the city office

and get a “Mother and Child Health Handbook”.

Please bring the handbook and check-up coupons to the next check-up.

助産雑誌 イメージ

助産雑誌

母と子に寄り添う助産師に欠くことのできない最新の知識と情報を発信。助産学生から新人、ベテランまで、パワフルな助産師の必読雑誌です!

詳細はこちら

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/156

コメント

このページのトップへ