「食べることと出すこと」 アーカイブ

「食べることと出すこと」 アーカイブ

2020.10.29 update.

頭木弘樹(かしらぎ・ひろき)

文学紹介者。20歳のときに難病(潰瘍性大腸炎)になり、13年間の闘病生活を送る。

そのときにカフカの言葉が救いとなった経験から、『絶望名人カフカの人生論』(飛鳥新社⇒新潮文庫)を出版。その後、『希望名人ゲーテと絶望名人カフカの対話』(飛鳥新社)、『絶望読書――苦悩の時期、私を救った本』(飛鳥新社)を出版。最新作は、『カフカはなぜ自殺しなかったのか?』(春秋社)。

現在、月刊誌『望星』(東海大学出版部)で、「落語を聴いてみたけど面白くなかった人へ」を連載中。
また、NHK「ラジオ深夜便」の「絶望名言」のコーナーに出演中(偶数月の第4日曜の深夜〔月曜午前〕4時台)。

『絶望名人カフカの人生論』などで知られる頭木弘樹さんは、筑波大学在学中に潰瘍性大腸炎となった。この病気は重いものから軽いものまでバリエーションがあるが、頭木さんのそれはかなり重症だった。13年間にわたり入退院をくり返す不自由な生活。そして、ついに手術。このような暮らしのなかで頭木さんの感じたのは、食事と排泄のありえない難しさだった。

2017.6.15 連載開始.

 

第1回 はじめに――何が起きたのか

第2回 飢えていないけれど飢えている――食べないとどうなるか(1)

第3回 口の中の大爆発――食べないとどうなるか(2)

第4回 生きづらいほど過敏に――食べないとどうなるか(3)

第5回 食べることのありえなさ――食べることは受け入れること(1)

第6回 石橋を叩いて食べない――食べることは受け入れること(2)

第7回 カフカはうまく食べられない――食べることは受け入れること(3)

第8回 食べる哀しみ――食べることは受け入れること(4)

第9回 たかがバナナ、されどバナナ──共食圧力(1)

第10回 食でつながれないと、どうなるか?──共食圧力(2)

第11回 同じものを食べないところから始めたい──共食圧力(3)

第12回 「万人に共通する悲劇は排泄作用」――出すこと(1)

第13回 喜劇的な悲劇は、よけいに悲劇――出すこと(2)

第14回 便の海に立つ――出すこと(3)

第15回 もし、漏らしたら――ひきこもるということ(1)

第16回 強制ひきこもりから自主ひきこもりへ――ひきこもるということ(2)

第17回 24時間365日休みナシ――病気はブラック企業(1)

第18回 報酬ナシで退社も不可――病気はブラック企業(2)

 

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/1264

コメント

このページのトップへ