初めてのがん医療情報発信大イベントAKIBA Cancer Forum2014が開催間近

初めてのがん医療情報発信大イベントAKIBA Cancer Forum2014が開催間近

2014.7.30 update.

患者・家族も医療者も、大人も子供も参加できる“がん学会”
AKIBA Cancer Forum2014 が8月9日に
~同時開催:こども大学医学部サマースクール~


 8月9日(土)、AKIBA Cancer Forum2014が開催されます。がん患者・家族・医療者・市民のための、初めての一大フォーラムに、最前線のがん医療情報が東京・秋葉原UDXに結集します。各領域を代表する講師による最新情報満載の講演とQ&Aから、映画上映、メイクやヨガなど楽しいイベントも。こども大学医学部サマースクールも同時開催します。立場の垣根を越えて、大人から子供まで、「最新のがん医療」を楽しみながら学んでみませんか? 夏休み、ご家族そろってのご参加も大歓迎です。
 

【日時】 2014年8月9日(土)10:00〜19:00
【会場】 秋葉原UDX4階全フロアー
東京都千代田区外神田4丁目14-1 
【主催】AKIBA Cancer Forum 2014実行委員会

 

※多彩なプログラム、お申込み方法等は下のほうに。
※以下、主催委員のお1人からのメッセージです。

 

【患者・家族と医療者がともに集う場を】

 

 「がん患者や患者家族のための“学会”みたいなのがあればいいなぁ~」
そんなふうに思ったのは、もう10年も前のこと。私の家族が白血病の治療を終えて少し落ち着いた頃、「もっと白血病の治療について知識を得たい!」と思って参加した医師ための学術総会、いわゆる「学会」へ参加したときでした。

 

医療者のための学会に参加して

 コンベンションホールと書かれた大きな会場。大小複数の部屋で、「演者」と名前が書かれた演台で医師が発表し、それが終わると舞台横の「座長」と書かれた席の(ちょっと偉そうな?)先生が、低い声で「○○先生、ありがとうございました。それでは会場のみなさん、ご質問はございませんか?」と会場を見渡します。
 大きなスクリーンに映し出されるスライドはほとんどが英語。複雑に矢印が交差する図や、複数の色分けされた線でカーブを描く、「生存曲線」と呼ばれるグラフ。医師の口からは医療の専門用語が機関銃のように発せられます。
 テレビや映画のワンシーンでしか見たことがなかった「学会」を初めて自分の目で見たのでした。スライドを見えやすくするために会場は薄暗く、緊張感漂う空気に包まれています。真剣なまなざしでスライドを見ながら、耳を澄ましているスーツ姿の先生方にまぎれて、ちょこんと隅の椅子に身をかがめて座っていました。場違いな場所に来てしまったな……と。
 このとき、私は3割くらいを理解するのがやっとだったのだろうと思います。でも、がん治療についての海外と日本の比較や傾向、薬や治療方法開発の最新情報、看護研究の結果など、頭いっぱい、胸いっぱい。こんなにも大変な研究をされている医師や看護師が大勢いることを知り、とても嬉しく、心強く、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
 そして、そのとき思ったのです。このように医療情報を集約した催しが、患者や家族のためにもあったらいいな~と。

 

がんのことを知りたいすべての人のための学会

 それから約10年間、患者さんやご家族の相談支援を細々と続けてきました。そして昨春、がん医療情報を発信するNPOのスタッフとして、がん医療情報を社会へ届ける仕事に就きました。この夏に開催する「AKIBA Cancer Forum2014」はまさに、10年前に感じたイメージの実現だな、と感じています。秋葉原駅横のUDXビルで、患者・家族・医療者・一般の方々、そして子どもたちを対象とした“がんのことを知りたいすべての人たちのための学会”を開催します。
 30種を超えるがん医療の最新情報、がんとお金のこと、ネットに溢れるがん情報のこと、難しそうな統計のこと、患者や家族なら誰もが興味をもつ代替療法、がん患者の妊孕性のこと、広く知ってほしいがん検診のこと、最近、とくに話題になるがんと遺伝のこと、そのほか盛りだくさんのテーマを全部お届けします。
 また、夏休み中の開催ですので、お子さん方にも医療を身近に感じていただきたいと、「こども大学医学部サマースクール」では、小学生から医学部をめざす高校生までを対象に、子ども向け年齢別の興味深いセッションを企画しています。

 

 

 もちろん、患者の一番そばでサポートをしてくださっている看護師はじめメディカルスタッフの方々にも、ご来場いただきたいのです!患者や家族が、どんなことを知りたいのか、どんなふうに情報を求めているのかも知っていただける機会です。ぜひとも、たくさんの学びと、がんと共に生きるために役立つヒントを得ていただけたら幸いです。(古賀真美)

 

【日程】
※プログラム内容は変更することがあります。

※豪華な講師陣による多彩なプログラム(画像をクリックしてね)。
 

progA4-s.jpg

 

※こども大学医学部サマースクールの詳細は、こちらをご参照ください(定員あり。要予約・先着順です)。

【参加費】 
無料 ※懇親会は有料

【お申込み方法】
こちらのフォームより、必要事項を記入し、お申し込みください。自動返信メールがとどきます。  

【お問合せ】
AKIBA Cancer Forum2014実行委員会運営事務局
NPO法人キャンサーネットジャパン
http://www.cancernet.jp/mail

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/917

コメント

このページのトップへ