チャイルド・ライフ・スペシャリストのオシゴト。【1】

チャイルド・ライフ・スペシャリストのオシゴト。【1】

2011.5.16 update.

大曲 睦恵(おおまがり ちかえ) イメージ

大曲 睦恵(おおまがり ちかえ)

2001年4月日本女子大学卒。同年9月からカリフォルニア州にあるミルズ大学付属大学院修士課程にてChild Life in Hospitals and Community Health Centers with Children who have Medical Needsを専攻。2003年12月同大学院卒業後、2004年4月から静岡県立静岡がんセンターにてチャイルド・ライフ・スペシャリストとして勤務、2012年5月より現職。趣味はA型らしくお部屋の掃除、でも病院のプレイルームやおもちゃの片付けはいつも時間がかかり、その間に入院している子どもたちやお母様達が手伝って下さり、「本当にA型なの?」と疑惑を持たれています・・・

1回 CLSって?

 

国立がん研究センター中央病院緩和医療科 

大曲睦恵

 

 

CLSになりたい方、留学等に関心がある方は以下のサイトをご参照下さい!

book 北米チャイルド・ライフ協会

book 日本チャイルド・ライフ学会

book チャイルド・ライフ・スペシャリスト協会

 

 

はじめまして。チャイルド・ライフ・スペシャリスト(Child Life Specialist:以下CLS)の大曲睦恵です。

 

この職業の名前をはじめて目にする方もいらっしゃるのではないでしょうか?CLSとは、北米の大学、大学院でチャイルド・ライフに関わる理論と実習(インターンシップ)を修了し、資格を取得した専門職です。

 

※CLSのなかでも、北米チャイルド・ライフ協会(Child Life Council)により年2回実施されている資格認定試験に合格したCLSはCCLS(Certified Child Life Specialist)と呼ばれていますが、この連載のなかでは双方区別なくCLSと表現します。

 

CLSは多職種(医療)チームの一員として、チャイルド・ライフ・プログラムを遂行する役割を担っています。チャイルド・ライフ・プログラムでは、おもに遊びをとおし、患者・家族をサポートします。この仕事の中心は、病気などストレスの高い状況下に置かれている子どもに、子どもの生活の中心である遊びをとおして心を癒す「治療的遊び=セラピューティック・プレイ」を提供することです。遊びは、子どもの成長や学習を促進するだけでなく、まったく無力な状況にあるこどもに力を呼び戻す働きもあるからです。

 

いま、北米では、子ども病院や大学病院・総合病院などの小児科を中心に、在宅医療・ホスピス・特別支援施設・歯科クリニック・就学前児童教育・青少年更生施設・裁判所などなど、コミュニティのなかで子どもの心のケアに対する需要が高まっています。これによってCLSの活動範囲も大幅に広まりつつあります。一方、日本では現在20数名のCLSがおり、全国の医療機関(おもに小児科)でチャイルド・ライフ・プログラムを実践しています。

 

CLSの理念は、家族中心のケア(Family-centered Care)であり、病気の子どものケアだけでなく、兄弟姉妹も含めた子どもに関わる家族の精神的サポートです。私が勤務している静岡がんセンターでも、CLSの活動の一環として、小児科に入院中の子どもとその家族だけでなく、お父さんやお母さんが入院している子どもたちに対しても多職種の方々と連携し、さまざまな支援を行っています。

 

今回は職種の紹介が中心になりましたが、今後、ほかの場所で活動しているCLSたちと一緒に、具体的な活動をとおしてCLSのオシゴトをわかりやすくお伝えしていきたいと思っています。みんなはりきっていますので、どうぞよろしくお願いします!

 

震災のなかの子ども

 

少し話がそれてしまうのですが、今回の未曾有の大震災により、日本中が大変な衝撃を受けています。被害に遭われた方々、支援する方々、復興に力を注ぐ方々に対し、私自身を含め、祈る思いで過ごしている人も少なくないかと思います。

 

子どもの「日常」を守る

 

そんななかで、私は10年前のことを思い出しました。2001年9月11日、アメリカで同時多発テロが起こったときのことです。私はCLSになるため、アメリカに留学していました。その朝、高層ビルが炎上する衝撃的な映像が繰り返し放送されるテレビを見て、何かの間違いではないかとチャンネルを何度も変えたことを覚えています。

 

当時、幼稚園実習をしていた私は、その日、果たして幼稚園はいつもどおり動いているのかな?と思いながら実習に行きました。ショックを隠せず集まった私たち実習生に、スーパーバイザー(現場主任)がこう言いました。

 

子どもたちにとってはいつもと変わらない日常が守られなければならないのよ。あなたたちのショックはとてもわかる。私もとてもショックを受けている。けれど、いつもどおり笑顔で子どもたちを迎えて、いつもどおりのルーチン(日課)をこなしましょう。

 

今回の大震災の後も、恐ろしい映像が繰り返される報道番組のなかで子ども向けのテレビ番組の放送が再開しました。このことについては賛否両論あるかと思いますが、少なくとも子どもたちの目線で考えると、緊迫した報道が続くなか、慣れ親しんだ番組を少しでも目にすることができたことは、小さな安心感につながったのではないでしょうか。

 

また、震災に見舞われた子どもたちの心のケアについては早くから声が上がり、ボランティアの方やさまざまな団体による支援によって遊びや遊びの環境が提供されているという報道を目にします。震災の大きな悲しみのなか、遊ぶことに対して罪悪感を持つ子もいるかもしれません。けれど、遊びは子どもたちの生活の一部であり、子どものコントロール感を取り戻す大きなきっかけにつながります。これからも遊びの環境や温かく見守る周囲の目が増えることを願っています。

 

このように小さな子どもが遊びで日常を取り戻している一方で、少し大きな子どもたちが避難先でのお手伝い、最近では復興のためのさまざまな活動に生き生きと参加している姿も報道されています。このような子どもたちの姿から、前に進む力、立ち上がる力、生きる力を感じます。もちろん、遊びたくもなく、活動に参加するような気にもなれない子もいると思いますが、その子のペースの現状に対する適応・消化・表現の方法があってよく、それぞれの子に合わせたケアが提供されてほしいと思います。

 

「子どもは、今を生きる天才です」

 

これは当院の小児科の先生がよく言う言葉なのですが、その力を、今回の震災後の子どもたちの様子、そして普段関わっている子どもたちから強く感じますし、また、その力を忘れてはならないと思います。子どもには1人ひとり、もともとたくさんの力があって、ただ、いろいろな状況や変化、ストレスにより、その力が隠れてしまう。けれど、力が発揮できるような配慮ある環境にあればしっかり発揮されるのです。

 

私たちの仕事は、ストレスの高い状況下にある子どもたちに、遊びをとおして、コントロール感や自尊心を引き出すことです。さらに、もともとの家族も応援することや、現場のいろいろな職種の方々と連携し、協働することで子どもへの応援の力は倍増されると思います。子どもたちがどんなに大変な状況でもその子らしくいまを生きていく、そんなお手伝いを多職種の方々とともにしていけたらと思っています。

 

第2回へ

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/366

コメント

はじめまして、ほりといいます。
私は今、受験を控えている高校3年生です
将来のことについて真剣に
考えていかなければいけない時期に
なったのですが、私は将来一体
なにになって、何になりたいのか
きちんと答えが出せないままの状況でした。
ですが、人の役に立つ仕事がしたい!
これだけは昔から変わらない思いです。
特に子供との触れ合いが好きで、
その時に、CLSという仕事がある
と知ったんです。
私は、この仕事がどういうものかを
知り、この仕事を本気でやりたい!
と、初めて強く思えました!

ですが、よく調べてみると、
海外での勉強が必要になってくるらしい
のですが、今後私はどのように
進路を決めればよいのかわかりません。
どうすれば、CLSの仕事に
就けるのか、教えてください!
お願いします

長い文章になってすいませんでした。

ほりさんへ

熱意のこもったコメントをありがとうございました。
CLSになるには、アメリカの大学または大学院で必要科目を履修し、臨床での実習を経た後、北米チャイルド・ライフ協会(child life council)の認定資格試験を受け得ることができます。
詳細は北米チャイルド・ライフ協会(http://www.childlife.org/)、日本チャイルド・ライフ研究会(http://claj.miz.jp/)、チャイルド・ライフ・スペシャリスト協会(http://childlifespecialist.jp/)のホームページに詳細が載っておりますので、ご参照下さい。
また、この後の連載でも、いろいろなCLSが、CLSになるために必要なことを書いていきますので、ぜひ参考にして下さい。
今の思いを大切に、今後の進路を決めていけると良いですね。応援しています。

高校1年のもゆです。テレビでclsの仕事を知り、本気でこの仕事に就きたいと思いました。半端な気持ちではありません!!でも1つ困った事があって・・・留学するとなると英会話力が必要になりますよね。私は英語は好きなのですが、全然外国の方と会話できるようなレベルではありません・・・
どうしたらいいのでしょうか?おおまがりさんは、どのように勉強していましたか?勉強方法なども教えて頂けたら助かります。よろしくお願いいます。

もゆさんへ
ご質問ありがとうございます。
もゆさんは高校1年生とのことですし、まずはこれから高校や大学で英語の勉強を一生懸命され、基礎力をつけられることがいちばん大切なことだと思います。
留学や現場での英会話に関してですが、私は日本とアメリカで語学学校に通いました。
また、大学の授業や現場実習、友人との会話等を通し、英語を実地で学んでいく部分も大きかったです。
英語がお好きとのことですので、目標を持ったもゆさんならきっとしっかり学ばれて行かれると思います。応援しています!

お返事ありがとうございます。
丁寧に教えてくださって嬉しかったです!!

これから夢に向かってがんばります。

はじめまして、教育大学4回生のたみかと申します。
私は将来教師になろうと今まで勉強してきました。
また去年の夏アメリカの大学で教育学を学びに1年間留学しており、
帰国後の現在は日本の大学院でより教育に関して学ぼうと計画中でした。
しかし、ふとした瞬間に病院の院内学級で教師をしたと思うようになり、教師をから数年した後、院に移動したいと思っていました。
そのように、事を考え、調べて行くうえでCLSの存在を知りました。そして今ドラマでもやっていると聞き、さっそくそのドラマも見てみようと思いました。私は今現在、CLSについてみなさんがネットに載せていることを読んで存在をしっている程度なので、何もわかっていないと同然です。
しかし、CLSのお仕事が私に何か特別な意欲をわかせ、とても興味があります。
何かアドバイス等ありましたらお願い致します。
また、ドラマの影響で多くの方が挑戦され、競争率も高くなるのでは、と予想できます。その点に関しても何かございましたらお願い致します。

たみか様

CLSにご興味をお持ちいただき、ありがとうございます。
「特別な仕事」と感じられるものに出会われて、それがCLSということで、とても嬉しく思います。
現在CLSに関する情報はアメリカのCLC(チャイルド・ライフ協会:http://www.childlife.org/)のHPに載っているものがいちばん新しく、かつ正確な情報ですが、
日本のサイトでもいくつか情報が掲載されているものがありますので検索してみて下さい。「競争率」の件ですが、CLSの資格を得るための試験では 合格者に決まった数はありません。英検やTOEICを想像していただければ分かりやすいかと思いますが、自分の実力で合否が決まります。
また、就職のことを踏まえて「競争率」をお考えでしたら、それは多かれ少なかれ、どの職業にもあるのかと思います。
たみかさんが本当にCLSを「特別な仕事」と感じ続けられるのでしたら、ぜひ「競争率」に惑わされず、たみかさんらしく、CLSを目指してがんばっていただきたいと思います。応援しています。
また、今後の連載の中でもCLSになるため、または実際になる課程で大切なことなどヒントになる話題が出てくるかと思いますので、ぜひ楽しみにして下さいね。

はじめまして、さほといいます。
私は今中1です。
今、学校では将来の事について
考えています。
私は1,2年前からCLSのことを知っていて
このCLSという職業に興味をもち、
色々調べてみました。
たくさんのことがわかり
もっともっとこの職業に惹かれていきました。
でも、この職業につくには
北米へ留学し、北米の大学でCLSについて
勉強して、CLS認定資格をとらなければいけないと
いうことがわかりました。
私の家は裕福ではなく逆に貧乏かもしれません。
私には姉も妹もいるので
留学するお金なんてないとわかっています。
でも、この仕事に就きたいとおもってるんです。
そんな簡単なことではないのですが
これからもCLSへなるために
がんばりたいとおもいます。

長文、失礼しました。

大曲先生はじめまして。
私は33歳女性医療従事者で、1歳半の息子の母です。
小児科ではないのですが、病棟勤務の経験もあります。

息子を保育園に預けていたのですが、
その時に保育園の先生が小児科病棟での勤務も要請され、人手が足りないと言っていました。

とはいってもやはり普通の幼児たちとは明らかに事情が違いますし、病棟での勤務は小児科疾患をはじめ、様々な知識が要るのでは?と思い、医療保育士のことを調べてみた所、CLSという職種があるということを知りました。日本では26人しかいないそうですね。

これからの日本にはCLSは本当に必要だと思いますし、私がCLSになり子供たちに笑顔と希望を与えると同時にどんどん普及させたいと思いました。

とりあえず保育士の資格を取り、英語の勉強もしつつ日本の保育園である程度修業を積んでから主人の留学の時期に合わせてアメリカでCLSを取ろうと考えています。

先生は修士課程でCLSを取られたようですが、学士と修士でCLSを取得する違いと、日本で学士は取っている場合、いきなり修士で取れるのか、それともアメリカでも大学に入らなければならないのか教えて下さい。

さほさんへ

ご返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
CLSに興味を持ってくださりありがとうございます。
残念ながら、現状では、この資格をとるのには、さほさんのおっしゃるように留学しなければいけません。
ただ、現在日本で活動中のCLSの中には、就職やアルバイトをしてお金を貯めてから留学された方、奨学金を取得して留学された方などもおり、必ずしもご家族に金銭的に援助してもらった方ばかりではありません。
さほさん、中学生ということでアルバイトなどはまだ先になってしまうかもしれませんが、CLSという職業を視野に入れつつ、ご自身のご興味を持つことをたくさん学ばれて、さほさんの世界をたくさん広げてほしいなと思います。応援しています。

みゃーこさま

ご返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
熱意の感じられるコメントをありがとうございます。
みゃーこさんが入りたい大学の募集要項にも載っているかと思いますが、基本的にはどの大学も日本で学氏をとっていたら修士に入れると思います。
学士と修士でCLSを取得した時の違いは、あまりないと思いますが、どちらにせよ、チャイルド・ライフ協会の認定を受けることは必要だと思います。
さらに情報が必要でしたら、北米チャイルド・ライフ協会(http://www.childlife.org/)、日本チャイルド・ライフ研究会(http://claj.miz.jp/)、チャイルド・ライフ・スペシャリスト協会(http://childlifespecialist.jp/)のホームページに詳細が載っておりますので、ご参照下さい。がんばってくださいね。

大曲さん、はじめまして。
私は47才で、3人の子どもがいます。
今日、通勤中にラジオで、大曲さんのお話しをききました。
初めてきいた職業でしたが、お話しを聞いて、大曲さんのことが知りたくなり、
こちらにたどり着きました。
チャイルライフスペシャリストという、仕事内容とはどんなもの
なのか気になりました。
私の年齢からでは、取得するには大変でしょうか?

こんにちは!
中学2年になる娘が、先日CLSになると宣言しました。自分が何になりたいのか随分悩んでいましたが、ある記事からこの職業を知り、すぐにこれだ!と思ったようです。
娘は小学校時代病気で学校に1年以上行かれなかった経験があり、医療の道に関心がありました。
ただ、一生無理のできない身体なので、親としてはかなり心配ですが、やりたいことが見つかるという喜びはひとしおです。
自分の未来が決まったことで、英語にも力を入れたいと言っています。
ここからは私の考えですが、教員資格、もしくは看護師資格取得ののち、CLSの資格のための勉強をしたらどうかと思っています。
もっと広い視野で、このCLSが発揮できるのでは、と思いますが、おおまがりさんはどう思われますか?
まずは娘の気持ちが一番ですので、見守る母でいたいと思っています♡
それから、CLS取得のための大学は何箇所あるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

こんにちは。私は今、高校1年です。
私は少し前からこの職業に興味があり、本やネットなどでいろいろと調べています。
おおまがりさんに伺いたいことが3つあります。

まず一つ目は、英語についてです。
ネットで情報を集めているときに、TOEFRというものでよい点数を取らないと留学は難しいと書いてありました。
私が今通っている高校は、そのまま上の大学に上がる人がほとんどで、授業も受験対策などは一切なく、とてもゆったりとしています。また、私は英語がもっとも苦手な科目で、まったく点数が取れていません。
もし、英語の良い勉強方法、また、留学するに当たってどのくらい英語ができないといけないのか教えていただきたいです。

2つ目は、大学についてです。
いろいろな所に大学じゃなく、大学院でCLSの勉強をするところが多いと書いてありました。
そうなると、日本の大学を出たあとに海外の大学院に入るというのがいいんでしょうか?
また、日本の大学ならどこの学部がいちばんいいでしょうか?

3つ目は、ボランティアや、CLSとして働いている方に直接会い、お話を聞けるところがあるか、知りたいです。
私は、本当に、心のそこから、CLSになりたいと強く思っています。まだ高校1年ですけど、少しでも近づくために何かしたいと思っています。
もし、何か知っていましたら教えていただけるとうれしいです。

長くなり申し訳ありませんでした。

このページのトップへ