オンライン授業の名手 清水彬礼(ヨシユキ)先生がおくる 必ず使えるZoomの凄技!

オンライン授業の名手 清水彬礼(ヨシユキ)先生がおくる 必ず使えるZoomの凄技!

2020.7.27 update.

清水 彬礼(しみず よしゆき) イメージ

清水 彬礼(しみず よしゆき)

京都大学大学院医学研究科 生活習慣病看護学分野 助教
2008年京都大学医学部保健学科卒業。2011年まで京都大学附属病院看護師。2013年京都大学大学院医学研究科修士課程修了、2016年同博士後期課程研究指導認定退学、京都大学大学院医学研究科メディカルイノベーションセンター研究員。2017年より現職。人間健康科学博士。「人はなぜ食べ過ぎてしまうのか」をテーマに研究活動中。主な論文は“Role of leptin in conditioned place preference to high-fat diet in leptin-deficient ob/ob mice”。
また、『エビデンスに基づく糖尿病・代謝・内分泌看護ケア関連図』(中央法規出版)、『Q&A生活習慣病の科学Neo』(京都大学学術出版会)、『Nursing canvas 看護過程に活用できる看護理論』(学研メディカル秀潤社)、『看護過程、こんなときどうする?』(プチナース、照林社)などを分担執筆。

オンライン授業に疲れていませんか?

 

 

大変だった前期の授業も残りわずかですね。オンライン授業の期間が長くなるなか、試行錯誤を繰り返し、さまざまな工夫をしながら授業をされているのではないでしょうか。

 

そして、慣れないことの連続で、「Zoomで授業をしていると、対面授業より疲れる」と感じている方も多いのではないかと思います。

 

そこで私の連載第1回目は、ストレスの軽減に着目した、Zoomを使った授業運営の工夫を2つご紹介したいと思います。

 

 

 

1.チームでやるという発想に

 

 

Zoomで授業をしていると、配信側の作業が大量だと感じている方も多いのではないでしょうか。実は、私も感じています。

 

ざっと思いつくだけでも、「話す」「音声チェック」「共有画面の確認」「反応の確認(挙手・チャット・音声)」「アプリの切り替え」「グループアウトセッションの準備」「予期せぬトラブル対応」……とても多くの作業が配信側にはあります。

 

これらを一人で行うには、マルチタスクを粛々とこなしていくしかありませんが、「質問はチョット待ってくださいねー」なんて言いたくなることも多いでしょうし、トラブル解決や画面の切り替えに集中するあまり、無言の時間が過ぎて行く……なんてこともあるかもしれません。

 

これでは授業の中断が増えてしまい全体のコントロールが難しいですし、学生さんも集中しづらい環境になってしまいます。

 

 

 

さて、困りました。

 

icoin1.png

 

 

 

 

 

そこで紹介させていただきたいのが、チームで授業を運営するという発想です。

 

すでに実践されている先生もいらっしゃるかと思いますが、いっそのこと講義をする先生は「話す」ことに集中してもらいましょうそして、サポートの先生がその他の「音声チェック」や「共有画面の確認」などをするようにします。

 

イメージとしては、ラジオパーソナリティーとテクニカルディレクターなどの裏方さんの関係でしょうか。講義担当の先生とサポートの先生がコミュニケーションを取りながら進行することで円滑に授業を行うことができ、授業が中断することも減ってくるはずです。

 

 

 

講義担当とサポート担当を分けてみる

 

 

スライド1.PNG

 

 

 

サポートの先生は1人でなくてもかまいません。2人いればさらに役割分担できますし、全体に目が届きやすくなります。接続が不安定で再接続した学生が、いつまでも待機室にいるなんてことも防げます。

 

作業量が多ければ分担すれば良い、単純ですが忘れがちな一手をぜひ試してみてください!

 

icon2.png

 

 

2.ブレイクアウト時の工夫

 

 

Zoomのブレイクアウト機能を使ってグループワークをされている先生も多いかと思います。ブレイクアウト機能は、メンバーを意図的に、あるいはランダムにグループに分けることができ大変便利です。

そのとき、ランダムにグループ分けをするのであれば問題ないのですが、常に同じグループで進めたいときには、厄介な問題があります。11回手動でメンバーをグループに割り振らなくてはいけないのです。10人程度ならなんとかなりますが、多くの学生を手作業でグループに割り振るのは、非常に面倒ですし時間がかかります。

 

そこで、学生の表示名を「グループ番号(もしくは、アルファベット)+氏名」にしてみましょう。

 

ポイントは数字もしくはアルファベットを付けることです。そうすることで、参加者表示をしたときに1グループの人、2グループの人(もしくはAグループ、Bグループ)と自動的にソートされて表示されるようになります。

 

あとはブレイクアウトセッションで割り振る際に、上から順に割り振れば準備完了です。休憩中などに振り分けておいて、グループワークのタイミングで開始ボタンだけを押せば、学生さんの待ち時間もなくなります。副次効果として出欠確認も楽になりました。

 

 

 

氏名をそのまま入力している場合

 

スライド2.PNG

 

 

グループ番号+氏名で入力している場合

 

スライド3.PNG

 

 

 

参加者の表示名はホスト側からも変更できますが、学生にあらかじめグループ番号を伝えておき、表示名を変更しておいてもらうと更に省エネです。

 

参加者が自分の表示名を変更するにはZoomのアカウントを持っている必要がありますが、アカウントは無料で作成できるので、学生にも協力を願いましょう。もし、諸般の事情でアカウント作成できない学生がいれば、こちらで変更してあげればOKです。

 

 

最後に、1点目の工夫点も踏まえてブレイクアウト時の教員の動きについてお話します。

 

教員は、ブレイクアウト時にグループワークの進み具合を確認するために、各グループを巡回することになると思います。このとき、必ず一人、できれば共同ホストではなくホスト権限の先生はメインセッションに残っておくことをおすすめします。

 

 

 

ブレイクアウト時のヘルプへの対応

 

スライド4.PNG

 

 

 

ブレイクアウト時、割り振られたメンバーはホスト権限者へ、ヘルプを求めることができます。

 

ですので、ホスト権限者は全体統括者として巡回に入らず、ヘルプ対応を他の先生にお任せすれば、ヘルプを出したメンバーを待たせてしまうことを防止できます。

 

また、接続が不安定で再接続となった学生を再度ブレイクアウトに割り振ることも素早くできるので、グループワークで1人置いてきぼりを出したり、グループワークの進行を止めてしまうことを最小限にできます。

 

以上、今回はZoomを使った授業運営の工夫を2つご紹介しました。

 

オンライン授業では対面授業のときより、流れの中断に気をつける必要があると思います。そして、自分が疲れてしまわないようにするためにも、この2つ、ぜひ参考になさってください!

 

 

 

(オンライン授業の名手、清水彬礼(ヨシユキ)先生がおくる 必ず使えるZoomの凄技! 第1回目了)

 

 

根拠と事故防止からみた 基礎・臨床看護技術 イメージ

根拠と事故防止からみた 基礎・臨床看護技術

これからのシームレス教育を先取りした実用的な“看護技術テキスト”!
新人看護師の技術能力に関して、臨床現場が期待しているものとのギャップが指摘されて久しい。本書は、「基礎教育と臨床の橋渡し」を目標に、基礎看護技術の内容はもちろん、臨床現場で実際に行われている看護技術も幅広く網羅。写真と動画で看護技術の細かい手順を目で見て理解できる。「経過別のPOINT」「根拠」「コツ」「注意」「Safety Check」など、押さえるべき情報も豊富に掲載。看護技術の全てが詰まった1冊。

詳細はこちら

学生・新人看護師の目の色が変わる アイスブレイク30 イメージ

学生・新人看護師の目の色が変わる アイスブレイク30

アイスブレイクは思考の停滞を解消します。学習者の目の色が変わる瞬間が体験できます
アイスブレイクとは“氷を解かす”のイメージでつくられた、集まった人の心を和ませ、お互いの垣根を外し、目的達成に向けて積極的に関わって行けるよう働きかける技術を指します。本書は看護教育の現場で活用できるアイスブレイクを30厳選し掲載。いつ、どんなとき、どんなアイスブレイクが有効か、そしてその具体的な運用方法をイラストと共に丁寧に解説します。読めばすぐに試したくなること請け合いです!

詳細はこちら

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/1234

コメント

このページのトップへ