第3回 お肌のお手入れ4か条

第3回 お肌のお手入れ4か条

2012.8.24 update.

お肌のお手入れは次の4つの要素で成り立っています。10年後も勝ち組に入りたい方,美肌は必須項目。徹底的に日々のケアをしてください。

 

肌のお手入れ?4つの要素.jpg

  

クレンジングと洗顔.jpg

 

 

 

クレンジングクリームで脂溶性の汚れを,洗顔フォームで水溶性の汚れを取ります。これが,W洗顔です。汚れや古い角質をしっかり取って,お肌にいい成分を浸透しやすくします。W洗顔では,汚れを落とすと同時に,マッサージを行いましょう。マッサージは,リンパや血液の流れを良くしたり,お肌の細胞を元気にします。明るく引き締まった肌を育み,化粧水の浸透もますますよくなります。

 

  

イラスト_疑問.jpgのサムネール画像どんなクレンジング剤を使えばいいの?

メイクだけでなく酸化した皮脂や不要な角質を落としてくれ,さらに指が滑らかに動くテクスチャーでマッサージもできるタイプのクリームクレンジングがオススメです。

 

 

 

STEP1.jpgクレンジング&マッサージ

クレンジングクリームを,おでこ,鼻,両頬,顎にのせ, 中指と薬指で指先だけでなく指全体を使ってマッサージします。

おでこ:指を左右に動かして,クリームを全体に伸ばすように,力を入れずに,やさしくマッサージします。クレンジング.jpg

頬:指を回転させながら,下から上,内側から外側となるようにマッサージします。これでリフトアップ効果が期待できます。

顎・首:顎から首の間を,指を左右に動かしてマッサージします。フェイスラインと首の間は,顎から耳の後ろにあるリンパ節に向かって動かし,リンパの流れを促します。これでむくみとたるみをケアして,スッキリフェイスラインに近付きます。

Tゾーン・鼻:Tゾーンや鼻の横,小鼻には酸化した皮脂が溜まりやすいので念入りに。小鼻の周辺,鼻筋の脇も,しっかりマッサージしましょう。小鼻のむくみをとると,鼻が高く見える効果があります。

 

 

STEP2.jpgすすぎ

べたつきがなくなるまで,顔をなでるように十分すすぎます。クレンジングが顔に残ったり,強くこするようにすすぐと,お肌のトラブルの原因に!

 

 

STEP3.jpg洗顔

洗顔フォームをたっぷり泡立て,泡で顔を包み込むように洗います。

洗顔方法は,クレンジングと同じです。

 

 

STEP4.jpg洗顔後のすすぎは25回

正面で5回,右側で5回,左側で5回,右おでこ5回,左おでこ5回。

 

イラスト_なるほど.jpg ぬるま湯で洗いましょう。温度が高いと,天然の保湿クリームである皮脂が流れてしまいます。温度が低すぎると,汚れをとる前に毛穴を引き締めてしまいます。

 

 

 

 

 保湿.jpg

 

 

STEP1.jpg 化粧水

コットンに化粧水をたっぷり含ませた後,コットンの上の方を2本の指で挟み,お肌にピタピタと当てていきます。

手で直接馴染ませるよりコットンを使ったほうが,少ない刺激でより多くの水分をお肌に浸透させられます。

 

 イラスト_なるほど.jpg年齢とともに低下する皮膚の水分量,乾燥が激しいときは,保湿美容液を活用しましょう。

 

 

 

 

STEP2.jpg保湿クリーム

化粧水で終わってしまう人もいますが,これはNG。せっかくお肌に吸収させた化粧水が逃げてしまうので,必ず保湿クリームをつけましょう。

 

肌の乾燥.jpg

 

 

 

紫外線対策.jpg

 

 

 

紫外線はお肌の老化に大きく影響します。必ずUVクリームを使いましょう。顔は白いのに,首と胸元が焼けている,この差をメイクで埋めるのはとっても大変。お顔だけでなく首やデコルテも紫外線対策を!!

 

イラスト_なるほど.jpg紫外線は3月頃から強くなりはじめ,5~9月頃にピークとなります。夏場は皆さん注意していると思いますが,曇りで涼しい日でも,晴れの日の80%が肌に届いています。さらに,反射した紫外線は日陰や屋内にまで届きます。夏」じゃなくても「曇り」でも「屋内」でも,UVケアを忘れずに! 

 

 

 

 

金子さん.jpgのサムネール画像のサムネール画像

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/634

コメント

このページのトップへ