書評続々!! 『俺に似たひと』

書評続々!! 『俺に似たひと』

2012.4.06 update.

大好評の『俺に似たひと』、

各種メディアでの紹介が止まりません

(別に止めてほしくないですけど~)。

今度は、泣く子も黙る

『週刊エコノミスト』と『女性自身』。

この2誌を併読している方って、

日本に何人いるんでしょうね。

老若男女、みんな未体験の介護に対しては

「俺に似たひと」なのかもしれせん。

 

 

『週刊エコノミスト』

2012年4月10日号  読書日記より

誰もが介護をする側、受ける側になりうる。

まずはこうした本を読むことで、心の準備をしていくこと。

今から老後の生活資金を心配するより、

ずっと現実的な方法ではないだろうか。

中江有里(女優・脚本家

 

『女性自身』

2012年4月17日号 活字の園「新刊著者の告白」より

老いや死、介護を俯瞰し斬新な視点で語る本書には

随所に発見があります。

閉塞した日常を突破する一助になる秀作です。

(「ちょっと鶴田浩二似の平川さんは

タバコをくゆらせながら、低くしぶい声で話します」とも)

 

……………………(以下は2012.3.29UP)……………………

平川克美さんの『俺に似たひと』が出版されて2か月弱。

この間、様々なメディアに取り上げていただきました。

「俺」が語る介護の世界を、どう読んでくれたのでしょうか。

 

 

新聞では■■■■■

 

IMG_0399 2.jpg
 

『朝日新聞』

2012年3月4日 書評欄より

過剰な感情を排し、

生々しい介護生活を静かに描く本書は、

清らかな透明感を獲得している。

中島岳志歴史・政治学者)

 

『中日・東京新聞』

2012年3月4日「この本 この人」より

介護体験を通して老いを考える『俺に似たひと』と

『小商いのすすめ』(ミシマ社)は、

「内容は響き会っているので、対にして読んでもらえれば」

著者・平川克美氏インタビュー
 

 

 

雑誌では■■■■■

 

IMG_0395 2.jpg

 

『文藝春秋』

2012年4月号「文藝春秋BOOK倶楽部」より

父親の介護を通じて「俺に似たひと」を発見しながら、

老いの意味を考えさせることに成功している。

金子 勝氏(経済学者)

 

 

 

IMG_0394 2.jpg

 

『週刊SPA!』

2012年3月20日号「小田嶋隆の肉体派の本棚」より

すべての日本人におすすめしたい一冊だ。

小田嶋隆氏(コラムニスト)
 

『週刊ポスト』

2012年3月16日号より

NEWSポストセブン|還暦間近の息子が全く相容れない父を介護した日々を綴った書 )

義務を淡々とこなして、生活と人生を律する。

それは「愛」より信頼に足る。

関川夏央氏(作家)

 

 

 

IMG_0385 2.jpg

 

『BRUTUS』

2012年3月15日号

たった一つのケースにも普遍的な真実は宿るし、
そこを通過しなければ辿り着けない場所もある。

橋本麻里氏(ライター)

 


IMG_0388 2.jpg
 

『ダ・ヴィンチ』

2012年4月号

読者にとっても予言の書でもあるんだなぁってことが、

この作品でわかります

内田樹氏+名越康文氏+橋口いくよ氏

 

優しいお母さん向け『母の友』、コワモテおじさん向け『新潮45』でも紹介されてます。

だれでも読者対象になる介護は、もしかしてゴールデンコンテンツかも!!

              ▼▼▼