【名越康文連続講義】第3回(10月26日)満員御礼!

【名越康文連続講義】第3回(10月26日)満員御礼!

2011.10.26 update.

名越康文 イメージ

名越康文

1960年生まれ。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院精神科主任を経て、99年、名越クリニックを開業。専門は思春期精神医学。精神科医というフィールドを越え、テレビ・雑誌・ラジオ等のメディアで活躍。著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『薄氷の踏み方』(甲野善紀氏と共著、PHP研究所、2008)などがある。2011年4月より「夜間飛行」(http://yakan-hiko.com/)にて公式メルマガスタート。

※ご案内

本セミナーは10月11日(火)の段階でキャンセル待ち受付も停止させていただくこととなりました。連続講義の次回は近日告知いたしますので、いましばらくお待ちください。

 

【名越康文連続講義】現場で生き残るための心の技法

 

第3回 「怒り」と「性格」(2)

 

人の生死が交錯する医療介護の現場には心の問題があふれています。精神を病んだり、告知に動揺する患者さんへの対応はもちろん、同僚との関係性、医療者としての自分のあり方に悩む人も少なくないはず。

2011年6月にスタートした、名越康文流“心の技法”を学ぶ連続講義。それぞれの現場で生き残るために。必聴です。

(第3回のテーマ)

第2回に引き続き、個々の人間の性格理解を軸に、「怒り」を中心とした心をいかにコントロールしていくかを学びます。

 

※お申込を締め切りました(2011年10月11日)

 

【日時】

2011年10月26日(水)19:00-21:00(開場18:30)


【講師】

名越康文先生(精神科医)

 

【対象】

看護師、研修医、医療従事者、その他

 

【会場】

医学書院本社ビル

文京区本郷1-28-23(下記画像をクリックするとpdfファイルが開きます)

igsmap.jpgのサムネール画像

【参加費】
3000円(当日会場にてお支払いください)


【定員】

70名(定員に達し次第、締め切ります)

【申し込み方法】

※お申込を締め切りました(2011年10月11日)

【申し込み・お問い合わせ】

医学書院看護出版部
E-mail:kankan@igaku-shoin.co.jp
Fax:03-5804-0485
Tel:03-3817-5772
(お電話でのお申し込みは受け付けておりません。申し込みフォーム、ファックス、E-mailをご利用ください)

 

☆ハッシュタグ「#nakoshisemi」で、名越康文連続講義を盛り上げよう!

セミナー用ハッシュタグ #nakoshisemi を作りました。twitterのアカウントをお持ちの皆さんで盛り上げていきましょう!

 

【今後の予定】
第1回(6月29日) 心の起源と怒りの構造
第2回(7月27日) 「怒り」と「性格」(1)

第3回(10月26日) 「怒り」と「性格」(2)
第4回(12月、調整中) 「怒り」と「性格」(3)
第5回(2012年1?2月、調整中) 心と身体の整え方

※ 第4回以降の日程は、2011年9月頃までに決定予定です。

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/437

コメント

このページのトップへ