がん患者の食事レシピ No.020

がん患者の食事レシピ No.020

2011.9.21 update.

温泉卵入りお粥 

 

020_onsenokayu_small.jpg

 

 

☆こんな患者さんに

口内炎

 

 レシピ紹介(2人分) 

 

一人当たりエネルギー193kcal、たんぱく質8.1g、塩分1.6g 

 

<材料>

お粥 300g
だしわり醤油 15cc
温泉卵 2個
梅干 2個

 

<作り方>

oneお粥は粒が残るくらい、粗くミキサーにかける。

two茶碗に盛り付けて温泉卵を落とす。だしわり醤油を少々加え、梅干を包丁で叩いてご飯の上に添える。

 

Story

口内炎がひどくて、お粥のような柔らかいものでも傷口にあたると痛いと言われる患者さんに、お粥を粒が残るくらいミキサーにかけて米粒の食感は楽しんで頂けるようにしました。「温泉卵が入っているので、つるっと食べやすい」という声をいただけました。

 

Point

食欲がない患者さんには梅干を添えて出すと喜ばれます。

がん専任栄養士が患者さんの声を聞いてつくった73の食事レシピ イメージ

がん専任栄養士が患者さんの声を聞いてつくった73の食事レシピ

かんかん! 人気連載がオールカラーで単行本化!

「え! これもがん患者さんの食事なの!?」
「何も食べたくない」という小児患者さんから、「うな重が食べたい」という終末期の患者さんまで。日本で唯一の「がん専任栄養士」が珠玉の食事レシピ73品を大公開。看護師、栄養士、患者家族など、「がん患者の食」を支えるすべての人に役立つ知恵と知識が満載。

著:川口 美喜子/青山 広美

判型 B5変
頁 128
発行 2011年11月
定価 1,890円 (本体1,800円+税5%)
ISBN978-4-260-01477-9

詳細はこちら

トラックバック

http://igs-kankan.com/mt/mt-tb.cgi/489

コメント

このページのトップへ